賃貸マンションを借りて生活を致しましょう。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りて生活を致しましょう。

賃貸借契約の手続きとは

物件を借りる際には、貸し主と借り主との間で「賃貸借契約」を結びます。「賃貸借契約」はどのようにして締結されるのでしょうか。この契約は、主に不動産会社などで行われます。借り主と貸し主、仲介した不動産業者、場合により連帯保証人の立ち会いのもと行われます。契約書に問題がなければ署名、押印をし、必要な仲介手数料、敷金、礼金、損害保険料を支払った後、鍵を受け取る事ができます。

契約の際に、借り主が必要な書類には次のようなものがあります。印鑑証明書、住民票、収入を証明する書類、連帯保証人承諾書などです。収入を証明する書類が必要な場合は、年末に交付される源泉徴収票、自営業者の場合は納税証明書などを用意しましょう。

退去の際に、原状回復をめぐるトラブルに巻き込まれることもありますので、家具を運び込む前に、室内の状況をよく確認し、必要があれば貸し主に連絡するようにしましょう。引っ越しをしてしまうと、荷物で壁や床の一部が見えなくなるおそれがありますので、引っ越し前のチェックが必須となります。住宅設備についても、入居してすぐに全ての設備を稼働させてみて、様子を見ます。入居前の不具合は、その場で報告して改善しておかなければ、退去時に責任を問われる場合がありますので注意が必要です。