賃貸マンションを借りて生活を致しましょう。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りて生活を致しましょう。

賃貸借契約とはどのようなものでしょうか。

賃貸借契約とは、賃貸物件の借り主と貸し主との間で結ばれる契約です。仲介した不動産会社などで行われることが多く、通常は借り主と貸し主、仲介不動産業者が立ち会います。必要に応じて、連帯保証人が立ち会う場合もあります。この契約とともに、敷金、礼金、仲介手数料、損害保険料などを支払い、物件の鍵を受け取る事ができます。比較的大きな額のお金をやり取りすることになりますので、現金を移動させるのが不安な場合は、振込で対応してもらえる場合もあります。確認してみましょう。

賃貸借契約の際の必要書類には、住民票、印鑑証明書、収入を証明する書類、連帯保証人承諾書などがあります。収入を証明する書類には、給与所得者の場合は年末に交付される源泉徴収票、自営業者の場合には納税証明書などを用意します。

退去の際に、原状回復を巡り借り主と貸し主がトラブルになるケースが増えています。トラブルを防ぐために、引っ越し前の段階で、住居全体を良くチェックし、傷んでいる箇所があれば速やかに報告するようにしましょう。家具を運び込んでしまうと、壁や床の一部が隠れて見えなくなり、その場所について後にトラブルになる場合があるので注意が必要です。住宅設備に関しても、入居したらすぐに全ての設備を稼働させてみて、不具合がないか点検し、問題があれば報告しましょう。